ホスピタル坂東は精神科病院と内科・整形外科を軸とする地域病院の2つの機能を持つユニークな病院となっています

精神科医募集

医療法人清風会
ホスピタル坂東
医師募集

精神科医募集

茨城県南西部に位置し首都圏交通至便(東京駅より車で約1時間)
急性期から慢性期・認知症まで、幅広い働き方ができる精神科病院

 

当院紹介 特にこのような先生はご検討を
  1. 精神科救急を志向される先生
    茨城県で精神科3次救急病棟は県立病院だけであり、県民300万人の健康をカバーするのが困難な状況にあります。
    そこで私たちは、身体科ならびに精神科において、救急機能の強化を進め、より地域に貢献していきたいと考えています。
  2. 精神保健指定医・精神神経学会専門医の取得を目指す先生
    現在ご勤務の先生は精神保健指定医を既に申請している先生ばかりです。今は指定医だけでは難しいという時代になってきていますので、精神神経学会の専門医の取得を目指し、それが取れるとその他のサブスペシャリティの学会の専門医を狙っていくという方も出てきます。東京都で精神保健指定医の合格率が5割を切ったということが話題になりましたが、今まで指導してきた先生方は100%指定医を取られています。レポート指導、解釈の指導、学術指導は時間をかけています。症例が多く、通算3年で取得されています。
  3. 認知症を勉強したい先生、日本認知症学会認定専門医を目指す先生
    筑波大学との繋がりがあり、院内で不足することも連携で補うことが可能。 認知症を学びたい先生へのPRポイントは2点です。1.5テスラMRIを持つので画像診断で滞ることがありません。神経内科の先生が常勤しており、1人で悩まず診療を行うことができ、そのため病院内で完結できることが多くあります。3名の認定専門医が勤務し、指導体制も万全です。病院に勤務しながら筑波大学の大学院社会人コースに入学し研究に励むこともできます。臨床をしながら研究をすることも可能です。
    筑波大学の新井教授に懇意にして頂き、認知症の研究に是非来て欲しいというお話もあります。
  4. 精神科に転科をお考えの先生
    内科、形成外科などから精神科へ転身をお考えの先生達からは、これまで培ってきた診療科を活かしながら精神科医を目指すことができます。更には3次救急病院においても精神科医が不在であったり、精神科病棟が無いために対応できない症例が数多くありますが、当院ではその不安は解消され、身体科の先生方も安心して治療を遂行できる環境にあります。

求人詳細(精神科常勤医師)

 

当院の特徴① 診療上の特徴
  • 精神医学のどの分野においても経験できます。
  • 身体合併症病棟を持ち、精神科医と身体管理医の連携が取れています。
  • クロザピン療法、修正型通電療法など、治療の選択肢を拡大しています。
  • 精神科医としてのスキルが積めて飽きのこない臨床ができ、かつ雑用は少ない環境です。
  • 経験の浅い先生でも、他の病院で経験を積まれた先生であっても、満足のいく診療が行えます。
    非常に多彩な症例を診ることができますし、先生方をフォローする体制があります。

 

当院の特徴② 環境
  • 協力型臨床研修指定病院で、研修医をはじめ多職種の教育の場であり、論文を投稿しています。
  • 1.5テスラMRI、CT、超音波、内視鏡、検体迅速検査等が整備されています。
  • 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が充足し、充実したリハビリ体制です。
  • 電子カルテシステムを整備し、スタッフの情報共有が図られています。
  • 他の医療機関、介護関連施設など、専門家からの紹介患者が多数に上ります。

CT・MRI

当院概要③
医療機関名 医療法人清風会 ホスピタル坂東
所在地 茨城県坂東市沓掛411
ホームページ http://www.hp-bando.jp/
院長 吉田 正(消化器内科医/筑波大学医学専門学群/1988年卒)
診療科 内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、漢方内科、精神科、物忘れ外来、整形外科、消化器外科、脳神経外科、歯科口腔外科、皮膚科、リハビリテーション科
医療設備 電子カルテ(フルオーダー)、CT(16列マルチスライス/シーメンス社製)、MRI(1.5T/マルチスライス/シーメンス社製)、一般レントゲン、透視用レントゲン、ポータブルX線撮影器、内視鏡、手術室1室、内視鏡室1室

 

当院概要④ 診療実績
病床稼働 約370床
新入院 1ヵ月約110人
外来 1日約220人
救急搬送実績 年間約400件

 

当院概要⑤ 職員数

職員数 約350名(常勤、非常勤の合計) 2017.03.03現在

常勤医師 12名
非常勤医師 22名
看護師 136名
看護助手 63名
歯科衛生士 1名
理学療法士 10名
作業療法士 15名
言語療法士 2名
PSW 10名
MSW 1名
臨床心理士 3名
ME 1名
医師事務作業補助者 3名

 

当院概要⑥ 車によるアクセス
  • 東京駅から    約1時間(首都高・箱崎料金所 → 常磐道・谷和原IC)
  • 大宮駅から    約1時間(東北道・岩槻IC → 圏央道・境古河IC)
  • 柏駅から       約1時間(常磐道・柏IC → 常磐道・谷和原IC)
  • 松戸駅から    約1時間(外環道・三郷南IC → 常磐道・谷和原IC)

車によるアクセス

※常磐道・谷和原ICから当院まで、坂東方面に約30分
※2017年2月26日、当院隣接地に圏央道坂東ICが完成、アクセスが大きく改善しました
※東京23区(文京区、江東区、足立区、杉並区等)、千葉県中西部、埼玉県から多くの先生がお車で通われています

 

当院概要⑦ 電車によるアクセス
  • TX秋葉原駅から TX守谷駅    35分(乗換無し)
  • JR柏駅から       TX守谷駅    21分(TX流山おおたかの森駅乗換)
  • JR松戸駅から    TX守谷駅    38分(JR柏駅乗換)

※TX:つくばエクスプレス

電車によるアクセス

※TX守谷駅から当院まで、坂東方面に車で約40分
※守谷駅近傍に当院所有の車を置いており、カーシェアリングによる通勤が可能です

 

医師紹介 吉田正院長

治療の選択肢を拡大しています

  • 優秀な医師であっても、検査や治療設備の未整備、パラメディカルの欠員などがあれば、やりたい治療を行うことが出来ません。
    これまで当院は、入院から退院後フォローまでの診療基盤づくりに注力してきました。
  • 1.5テスラMRI、CT、超音波、内視鏡、検体迅速検査等が整備され、看護師・セラピスト等が充足しています。
    多職種チームの情報はフルオーダー電子カルテで一元化され、即座に情報を共有できています。
  • このような基盤を確立した上で、精神科では難治性統合失調症治療薬クロザピン療法、筋弛緩薬を用いた修正型通電療法、身体疾患治療が必要となる認知症治療、アルコール依存症治療などを行うことができるのです。

求人詳細(精神科常勤医師)
募集背景 体制強化
募集科目 精神科
想定年収 1,300-2,000万円(+当直手当)
賞与 上記年収に含まれます
勤務時間 全日8:30-17:30、半日8:30-12:30
勤務日数 週4日
早番勤務 有(7:30-8:30。週0-1回あり、10,000円/回支給)
残番勤務 有(17:30-19:30。週0-1回あり、10,000円/回支給)
休日 土曜日、日曜日、祝祭日、その他1日
休暇 有給休暇は就任半年後より14日付与(夏/冬季休暇含む)
当直頻度 2-4回/月、当直2名体制(内科・精神科)
当直手当 指定医50,000円/回
指定医以外40,000円/回(土日は50,000円/回)
オンコール 有(電話連絡0-2回/週、出勤0-1回程度)
契約期間 1年毎の更新(定年制度、退職金制度は無し)
昇給制度 有(業績に応じて毎年4月に見直し)
各種保険 社会保険加入、医師賠償責任保険に病院として加入
学会支援 年2回まで出張扱いとして60,000円/回支給(国内に限る)
各種手当 赴任手当  応相談
住宅補助  有(家賃の1/2を補助,上限100,000円/月)
時間外手当 有
交通費支給 有
育児支援  有(病院前に託児所有り)

 

医師のサポート体制
  • 医師のサポート体制を充実させるため、医師事務作業補助者を積極的に採用しており、現在3名在籍しています。
  • 医師事務作業補助者は、医療文書の作成代行、診療記録への代行入力、医療の質の向上に資する事務作。業などを日々担っています。
  • 医師と医師事務作業補助者との間で適宜協議を実施し、業務分担等についても、医師のご要望を最優先に調整しています。

 

お問合わせ先

事務部 副事務部長 松本成則

Mobile 090-1451-7138
Tel 0297-44-2000(代表)
Fax 0297-44-2072
E-Mail s.matsumoto@hp-bando.jp
※ @を半角に変更してお問い合わせ下さい。

 

error: Content is protected !!