ホスピタル坂東は精神科病院と内科・整形外科を軸とする地域病院の2つの機能を持つユニークな病院となっています

部門一覧

看護部放射線科臨床検査科薬剤部ケアマネ・地域連携部臨床心理科総合リハビリテーション部

看護部

看護部 私たちはホスピタル坂東看護部の一員であることを、また生命の尊厳に深く関われることを誇りに思い、当院の基本理念を貫くため、愛と慈しみをもってぬくもりある、安全な看護を実践します。

※ 画像をクリックすると看護部ページへジャンプします。

放射線科

放射線科 放射線科は各診療科医師の依頼のもと、さまざまな検査を行っています。
主な業務は一般撮影、CT検査、MRI検査、X線透視検査、病棟でのポータブル撮影などがあり、各診療科の臨床診断を画像診断からサポートできるよう検査の精度向上に努めています。
また、地域の診療所や病院からもCT検査やMRI検査のご依頼をいただき、画像診断を通じて地域医療にも貢献できるよう頑張っています。

臨床検査科

臨床検査は患者様から採取した血液や尿などの体液を用いて調べる「検体検査」と、患者様の心臓や腹部などの検査を行う「生理機能検査」があり、
当院では4名の国家資格を有した臨床検査技師が業務に携わっています。
患者様の診断や治療に貢献できるよう 『正確な測定結果をより早く届けられるように』 努力を続け、緊急の患者様にも対応し24時間体制で検査を行っています。

薬剤部

薬剤部 調剤室では、主に入院患者さんのお薬を調剤しています。他の診療科からお薬が重複して処方されていないか、飲み合わせなどに不都合がないかなどを確認しています。
注射室では、注射薬の取扱いを行っています。入院患者さんに処方された注射薬を、1日分ずつセットをして病棟へ供給します。品目・数量、投与経路・投与量・投与速度、混合しても問題ないかなどをチェックします。加えて、食事が摂れない患者さんに対し点滴される高カロリー輸液調製を無菌環境下で調製することにより、細菌汚染のない安全な薬剤も提供しています。
薬品情報室では、お薬の適正な使用方法や副作用の情報、新薬についての情報など、さまざまな情報を収集・管理しています。医師をはじめとする医療従事者からのお薬に関するお問い合わせに対応しています。
また、日常業務の合間を利用して情報収集を行い、副作用の症例報告や、嚥下補助剤と錠剤の飲み合わせについての研究等も行い論文や学会にて発表しています。詳細はこちら

ケアマネ・地域連携部

ケアマネ・地域連携部 ケアマネ・地域医療連携部は、地域の医療機関、保健・福祉の各機関との連携を深め、患者様とその家族を地域全体で継続的かつ効果的にサポートできるよう橋渡しを行う部署です
また、患者様を第一に考えて、受診・入院に際して起こるさまざまな問題の相談に応じています。普段の生活で困っていることや、福祉制度の利用など、患者様と一緒に考えながら、安心・信頼・満足が得られるよう問題解決のお手伝いをさせていただきます。

臨床心理科

臨床心理科 臨床心理科は、「臨床心理士」という資格を持ったスタッフが在籍している部署です。「こころ」のケアは、身体のケアと同様に重要な課題です。私たちは、目に見えにくい「こころ」を、心理検査やカウンセリングなどの方法で専門的視点から見つめ、患者さまが抱えているこころの問題を解決するためのお手伝いをしています。その他、当院では認知症スクリーニング検査やアルコール依存症治療プログラムなど、心理学の専門的知識を活かして様々な領域で活躍しています。

総合リハビリテーション部

リハビリテーションとは?
「リハビリテーションとは、障害者を、その人にとって可能な限り最高の身体的、精神的、社会的、職業的および経済的な有用性をもつまでに回復させることである」
(全米リハビリテーション協議会の定義)
Rehabilitation
re: 再び
habilis: 適する、人間にふさわしい
-ation: すること

何らかの障害を受けた人を再び人間としてふさわしい状態にすること

「全人間的復権」との言葉が説明として近いとされています。

当リハビリテーション科の紹介(平成29年8月現在)

総合リハビリテーション部
<施設基準>
脳血管疾患等リハ施設基準Ⅰ
廃用症候群リハ施設基準Ⅰ
運動器リハ施設基準Ⅰ

<スタッフ>
理学療法士 11名
作業療法士(身体)5名
(精神)8名
言語聴覚士 2名
柔道整復師 1名

急性期から回復期、維持期にいたるまでの幅広いリハビリテーションサービスを提供しております。また、身体のみならず精神・心理領域にも精通し地域の医療・リハビリテーションに貢献できるよう日々研鑽を重ね、チーム一丸となって全力でサポートさせていただきます。

主なリハビリテーション内容

理学療法


運動機能障害のある方々、または障害の発生が予測される方々に対し、その基本動作能力(座る・立つ・歩く)の回復や維持、及び障害の悪化の予防のために、運動療法をはじめ、
日常生活活動訓練、物理療法などの治療・訓練・指導および援助を行います。

【運動療法】

徒手や用具等を用いて対象者自身が身体各部の規則的な運動を行い、全身あるいは局所の障害の回復をはかる治療をいいます。身体機能のバランスと安定性の改善を図り、各運動相互の協調性を増すことを目的に実施します。

【物理療法】

物理的手段を用いて治療することをいいます。物理的手段には、熱・水・電気・音・力学的力など自然界に存在するエネルギーおよび人工的エネルギーを指します。
・温熱療法、寒冷療法
・電気刺激療法
・水治療法
・光線療法
・牽引療法  など


身体作業療法


身体作業療法

一般的に「作業」というと「工作」や「労働」をイメージしがちですが、作業療法の「作業」とは、日常生活の諸動作(トイレや着替え等の日常生活動作;ADL)・仕事・余暇活動など、人間の生活全般に関わる様々な活動を指しています。これらの「作業」を遂行することが難しい方に対して、必要な援助もしくは指導を行っていきます。

【Q&A】
Q.理学療法士と作業療法士の違いについて教えてください

A.理学療法士は基本動作(寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなど)の習得を目指します。また、下肢(脚や足)に関する担当という言われ方をすることもあります。

作業療法士は日常生活活動(食べる、排泄する、着替える、身だしなみを整える、入浴するなど)の習得を目指します。また、上肢(腕や手)に関する担当という言われ方をすることもあります。

身体作業療法
退院された後通院時に作業療法室に寄って挨拶に来てくださるのが、楽しみであり、励みとなっています。

一緒に寄り添い・考え・進んでいける、身体障害作業療法を目指しています。


精神作業療法


1.作業療法を受けるには?
精神科作業療法は、精神科専門療法の一つであり主治医の処方で開始します。

初回に作業療法のご説明を含めたオリエンテーションを行い、目的・活動スケジュール等を話し合います。

2. 作業療法の目的は?
精神疾患を持つ方の社会生活機能の回復を目的に、種々の活動を通して自発性や意欲を高めることが目的になります。
具体的には

・生活リズムを作るために、スケジュールに沿って一定の作業活動を継続して行なえるようにする。
・新しい体験を得ることで、能力の拡大や開発に役立てる。
・利用される方やスタッフ、家族など様々な方との交流を促す。
・社会参加や社会復帰に必要な対人技術や態度の取り方を学ぶ。
・作業療法を通じて気分転換を図り、家から出る機会を作る。

などが挙げられます。

3.作業療法で用いる活動は?

①創作活動(ビーズ手芸、木工、革細工、絵画、陶芸、パソコン入力 等)
②身体活動(ストレッチ、ゲーム、軽スポーツ 等)
③日常生活活動(調理、洗濯、裁縫 等)
④職業関連活動(作業所やデイケア通所、職業復帰するための基礎的行動 等)

*これらの活動は症状の回復段階に合わせ、それぞれの目標に沿った治療手段として用います。
***************************作業療法の様子**********************************


摂食機能療法(摂食嚥下サポートチーム:SST)


近年、我が国の死因別死亡率において、1位が悪性新生物(癌)、2位が心疾患、3位が肺炎と報告されています。また、高齢者に限局すると肺炎の罹患の割合は非常に高く、特に脳血管疾患等による嚥下(えんげ)障害「飲み込みの障害」を伴う場合は、「誤嚥性肺炎」による問題とその対応が重要となります。

当科では、内視鏡下嚥下機能検査(VE)と嚥下造影検査(VF)を完備しており、食べ物が口腔や喉でどのような状況であるか可視化することにより医学的根拠に基づいた安全な医療提供(嚥下リハビリテーション)を行っています。

可能なかぎり最後まで口から食べる支援や、嚥下の症状に応じて、肺炎のリスクを回避する栄養手段の検討を医師、歯科医師、看護師、言語聴覚士、管理栄養士、その他多職種でチームによる食べる機能の回復や支援を行っています。

また、精神疾患を伴う症例においては、薬物療法と併用して口腔機能の向上、嚥下機能の維持、向上を図っています。

【 嚥下治療の流れ 】


医師
(受診、診断)
定期評価VF/VE
嚥下担当医・言語聴覚士・看護師 等
(嚥下機能の詳細の評価、治療計画)
治療開始
嚥下カンファレンス
嚥下委員会
治療経過
VF/VE
医師
(受診、診断)
定期評価VF/VE
終了(改善、転院、退院等)※治療期間は3ヶ月以内を目標に行っています。

※嚥下治療・評価のご相談やVF・VEのご相談は、医師・歯科医師の指示を受けて下さい。

※摂食機能療法は、医師指示の元で行う診療補助行為で、当院はコンプライアンスを尊守しております。治療に係る諸般についてご相談することがありますのでご了承ください。

【 摂食機能療法でのよくある質問 】


1.嚥下造影検査VFや内視鏡下嚥下機能検査VEを行えば食べられるようになりますか。

●一概には言えません。この検査で重要なことは、嚥下機能がどのような状態か、食べ物がどのように口やのどを通るのか、ムセを生じる原因をつきとめて有効な治療手段と安全な食形態、適正な姿勢角度の手がかりを得る最大の利点があることをまずご理解ください。
VF検査、VE検査についてのご相談は、かかりつけの医師にお問い合わせください。

2.嚥下造影検査VFはどのような検査ですか。

●少量のバリウムを混入させた、トロミ状食品、ゼリー状食品、お粥状食品などを小さじ1杯をリラックスして飲んでいただきます。その間、胃のバリウム検査で用いられる透視検査装置で口から食道までの一連の嚥下(飲み込み)の運動を観察する検査です。尚、当院の被曝量は極めて低く侵襲性は最小限に抑えるよう配慮しています。

3.内視鏡下嚥下機能検査VEとはどのような検査ですか。

●鼻咽腔ファイバースコープを鼻から入れ鼻腔を通過し喉(咽頭上部)まで挿入したら、着色した液体を小さじ1杯飲んでいただき、食道の入り口や気管の入り口周辺での液体の残留の有無や、気管に流れ込んでいるか、安全にのどを通過できているか観察する検査です。

4.嚥下造影検査VFと内視鏡下嚥下機能検査VEはどちらがよいのでしょうか。

●嚥下障害の症状、全身状態、嚥下に関連する神経筋のどこの機能を確認すべきかによって   有効な方法を選定した上でご説明致します。また、双方において互いに得られる情報と、一方では得られない情報がありますので、患者様によって有用性は異なります。

5.嚥下治療はどこで、誰が行うのでしょうか。

●当院の摂食嚥下サポートチームは、コーディネーター担当である言語聴覚士が、嚥下障害の重症度、経口摂取能力などの嚥下病態の分析のもと適正な治療計画のもとで、看護師対応、言語聴覚士対応の患者様を多職種で包括的支援をする一貫診療を目指しております。
実施する場所は、専用の嚥下治療室や、病棟のベッドサイドで行います。

6.食べられるようになりますか。

●嚥下障害の状況に応じた治療、指導、助言を経て、口から食べられるようになる場合もあります。必ずしも、機能改善が見込めなくても、代償的アプローチ(姿勢、食形態、工夫した嚥下法)により食べられる方法を分析した結果次第で食べられることもあります。VF検査を推奨します。
誤った認識が多いのは、嚥下の検査も行わず、出来る限りの支援も行わずに「機能改善しない」
と判断されることです。また、十分な栄養状態でリハビリを行うことが、Whole body(身体全体)に障害の改善につながることがありますのでリハ栄養の視点から、一時的胃瘻などの手段で早期改善した症例を多く経験しています。

※病態により見解は異なります。

error: Content is protected !!