ホスピタル坂東は精神科病院と内科・整形外科を軸とする地域病院の2つの機能を持つユニークな病院となっています

全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防健診について

平成19年度より、健康診断実施機関ごとに料金が異なっております。また、肝炎ウイルス検査の対象年齢が5歳刻みから35歳以上の方に変更になっております。

当院では、全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防健診の指定医療機関に認定されております。全国健康保険協会管掌健康保険制度により一般健診、付加健診、肝炎ウイルス検査を受診することができます。受診いただいた場合、国から一部負担金の補助制度を受けられます。
30名以上の事業所様においては、出張検診でも行います。(詳細は電話にてご確認下さい。)

◇生活習慣病予防健診の流れ◇

全国健康保険協会管掌健康保険の健診は、検診を受けた後のフォロー体制も整っています。
健診を受けっぱなしにせず、健康づくりにお役立て下さい。

≪お申込み≫  受診希望者を事業所でまとめ「全国健康保険協会各支部」にお申込み下さい。

≪健診日のお知らせ≫  当院健診課と日程を調整して事業所を通じご本人へご連絡します。

≪健診受診≫  当日お会計はいただきません。

≪健診結果のお知らせ≫  健診課より約2週間程で健診結果通知票と受診者負担分のご請求書をお送りいたします。

≪事後指導のお申込み≫  健診結果が*指導区分2、3の方は生活習慣改善のための事後指導が受けられます。「全国健康保険協会各支部」にお申込み下さい。

*指導区分について
○指導区分1・・・この検査の範囲では異常ありません。
○指導区分2・・・わずかに基準範囲をはずれていますが、日常生活に差し支えありません。
○指導区分3・・・日常生活に注意を要し、経過の観察を必要とします。
○指導区分4・・・治療を必要とします。
○指導区分5・・・精密検査を必要とします。
○指導区分6・・・治療中。

 

◆一般健診◆
 対象者 40歳以上の被保険者及び被扶養配偶者
35歳以上40歳未満の被保険者
 費 用 受診者自己負担額 6,843円
国の一部負担額 11,164円   (総額 18,007円)
 検査内容 問診・視触診・身長・体重・BMI
視力検査・聴力検査・血圧・尿検査・便潜血検査・血液一般検査・脂質検査・肝機能検査・血糖・心電図・胸部レントゲン・胃部レントゲン(若しくは胃内視鏡検査)
◆付加健診◆
 対象者 40歳の被保険者及び被扶養配偶者
50歳の被保険者及び被扶養配偶者
※40歳及び50歳の方は一般健診と付加健診を併せて受診いただけます。
 費 用 受診者自己負担額 4,583円
国の一部負担額  4,583円   (総額  9,166円)
 検査内容 尿沈査顕微鏡検査・血小板数・末梢血液像・総蛋白・アルブミン・総ビリルビン・アミラーゼ・LDH・眼底検査・肺機能検査・腹部超音波検査
◆肝炎ウイルス検査◆
 対象者 一般健診の実施者であり、過去にC型肝炎の検査を受けたことがない方で下記の(1)~(4)のいずれかに該当し受診を希望する方
(1)35歳以上の方
(2)広範囲な外科的処置を受けたことがある方又は妊娠若しくは分娩時に多量に出血したことのある方
(3)一般健診においてGPT値の結果が36以上であった方
(4)過去に肝機能異常の指摘を受けたことがある方※(1)又は(2)に該当する方は、一般健診と併せて申し込みください。
※(3)又は(4)に該当する方は、一般健診の検査結果を通知した後受診のご案内を致します。
 費 用 受診者自己負担額  595円
国の一部負担額  1,389円   (総額  1,984円)
 検査内容 HCV抗体検査(C型肝炎)・HBs抗原検査(B型肝炎)
◆お問い合わせ◆

医療法人清風会 ホスピタル坂東
健診センター
:0297-44-2455(直通)
:0297-44-2177

error: Content is protected !!