ホスピタル坂東は精神科病院と内科・整形外科を軸とする地域病院の2つの機能を持つユニークな病院となっています

BLS講習会が開催されました。

7/3(木),10(木)院内にてBLS講習会が開催されました。講習会の様子をご覧ください。
皆、真剣に、でも楽しく取り組んでいました。

BLS講習会

去る7月3日・10日に、救急委員会と教育委員会主催による、BLS(一次救命処置)講習会が、
院内のセンターホールにて行われました。
以前は看護部のみで行なっていたBLS研修ですが、2年前から看護部以外のコ・メディカル
(理学療法士・作業療法士・臨床心理士・薬剤部・検査課・事務職)を含めた全職員を対象に
行なっています。
今年は、2日間で124名の参加がありました。
いざという時、患者さまや身近なかたが心肺停止となったら、誰しもが慌ててしまうと
思います。
医療に携わるものとして、自分にも何かできたら、と使命感を持っている人は多いと思います。
しかし、何もできないかもしれないと不安を感じている人もいるでしょう。
いざという時、動けるようになるためには、日頃の訓練が大切です。
最初は緊張していましたが、和気あいあい楽しく学んだ講習会でした。

講習会の様子について、ご紹介します。

①アイスブレイク
人差し指のみで輪を支え、皆で息を合わせて降ろします。
どのチームが一番早かったかな?

 

②全体講義:BLS解説
映像と解説を受けながらBLSの基本型を学びます。

 

③ブース毎にインストラクターからのレクチャーと実技演習を受けています。
(1セット2サイクル、AED)

 

④全体講義(院内コール時の対応)

 

⑤ブース毎の実技+実技試験

 

真剣な様子が伝わってきます。

~参加者の感想より~
・普段、急変にあたることがないので、実践で確認できてよかった。
・丁寧に教えてもらえてよかった。
・大きな声が出せてよかった。
・家族に高齢者がいるので、いざというときに何かできそう。

講習会を開催するにあたり、ご協力いただきました猿島消防の方々、看護部のBLS/ACLSプロバイダーの皆さん、インストラクターお疲れ様でした。

受講されたみなさんも、勤務終了後の遅い時間までお疲れ様でした。

医療に携わる組織人として、患者さまや地域の方々の救命活動に役立てていきましょう。

error: Content is protected !!